ネットワークおよび学術情報基盤センター端末のよくある問い合わせ

センター全般について

特別研修生は利用できますか?

山形大学研究室特別研修生要項によって定めれたものであり,センター利用のアカウントを発行できます. 発行手続きについてはセンターに問い合わせいただきますようお願いします. 特別研修生は,学生サポートセンターに確認したところ,「学生」でも「職員」でもない身分であり,第三者(ゲスト)であるとのことでした. センターでは,一部のライセンス契約の除いて,第三者利用権を取得しておりません.センターの端末の利用当たっては,事前にセンターまでご相談いただけますようお願いします. また,研究室所有のPCのOSやソフトウェアにおいても,第三者利用権についてご確認いただけますようお願いします. なお,センターが研究室にお貸ししているソフトウェアにも第三者使用権は付与されていません.

ソフトウェアライセンス, Wikipedia (2018-07-03)

大学院博士前期課程修了後に残って研究を継続したいときセンターのアカウントは発行できますか?

工学部では,企画総務担当に「客員研究員」の申請書を提出していただき,承認された場合は,アカウントを発行できます. 承認のルールについては,工学部企画総務担当に問い合わせいただきますようお願いします (参考:山形大学研究員等取扱規程 別表第1). また,アカウントは発行できますが,センターが提供する全てのソフトウェアおよびサービスを利用できるわけではありません. 特に,教育に限定されたソフトウェアやサービスは,利用できません. 利用する前に問い合わせいただきますようお願いします.

山形大学研究員等取扱規程, 山形大学 (2018-07-24)

センターが研究室に提供しているソフトウェアは第三者(ゲスト)が使用できますか?

第三者は使用できません.一般に,ソフトウェアには第三者使用権がありません.センターが研究室に提供しているソフトウェア(例えば,ソリッドワークス)にも,同様に第三者使用権はありませんので,使用できません.

センター実習用端末関係

PDFファイルが印刷できない

Microsoft Edgeを使ってPDFファイルを印刷しようとすると印刷できないことがあるようです.別のブラウザー(例えばGoogle Chrome)やAcrobatを使用して印刷してください.

卒業しらたセンターのPCのデータはどうなりますか?

例年2月ごろから掲示をしおりますが,卒業したらセンターのPCに保存されたデータは削除されます. 進学する場合であってもデータは引き継がれません. 必要なデータは卒業前にバックアップをとってください.

公開講座などで使用できますか?

通常は第三者使用権はないのですが,学術情報基盤センターの端末は,公開講座などを円滑に実施するために,マイクロソフト社の製品においては第三者使用を許諾するスクールアグリーメントを契約しております. 本学が主催の公開講座では,有償でも第三者が使用できますが,客観的にみて営利目的ととらえられる場合には,使用をお断りすることがあります.

activemailが使えません

H30年4月1日より,activemail廃止に向けて新入生のアカウントはactivemailに登録を行っておりません.山形大学の教職員・学生アカウントはGoogle Appsと連携されております.今後はGmailをご使用ください.

ネットワーク関連

研究室のネットワークにつながらないとき

同じ部屋に情報コンセントが複数あるとき

工学部の場合,6号館の改修工事移行は,複数の情報コンセントが部屋にある場合,1つの情報コンセントのみが上流のセンタースイッチまで接続されております. それ以外の情報コンセントは,部屋の中の配線用になっております.それぞれの情報コンセントに直接パソコンなどを接続して,インターネットのアクセスできる上流ポートを調べてください.

ハブやブロードバンドルータがあるとき

部屋の情報コンセントの根本にパソコンを直接接続してネットワークにつながるか確認してください。 直接接続でつながるときは、ハブやルータの通信機器の故障やループネットワークの可能性がありますので、LANの配線確認や通信機器の再起動をしてください。 直接接続してもつながらないときは、センターまでご連絡ください。

停電のときは何時間通信できますか?

5分間は通信できます.センターのネットワーク機器は,5分間の無停電電源装置(UPS)が取り付けられ,電池残量が無くなると自動的に停止します. サーバは,ネットワークが使える5以内にシャットダウンを開始する必要があるため,3分でシャットダウンを開始します.

研究室で複数のネットワーク(学内LAN,DMZ0,DMZ1,教育用セグメント)を利用したいとき

センター指定のVLANスイッチにより,利用できます.VLANスイッチの費用は受益者負担になります. 詳細は,こちらをご覧ください

10Gbpsの通信がしたいとき

センターに設置された10Gbpsのスイッチに接続することで,試験的に利用できます. 研究室までの通信回線は,センターから光ファイバー(SM)で接続する必要があります. 研究室までの通信設備は,受益者負担となります. また,建物まで光ファイバーの空状況によっては利用できません.詳細はセンターまで問い合わせください.

外部のレンタルサーバで山形大学のURLを利用したいとき

DNS拡張登録申請書を提出してください.DNSの設定項目の詳細は契約しているレンタルサーバのドキュメントをご覧ください.

営利目的でYUnetを利用できますか?

営利目的でのYUnetの利用はできません.詳しくは,YUnet利用ガイドラインと利用方法をご覧ください.

SSL-VPNに接続できないとき

SSL-VPNに接続時に,サーバから専用アプリケーションをダウンロードします. ウィルススキャンソフトが遮断したときは,ウィルススキャンソフトを解除してインストールしてください. インストール完了後に,ウィルススキャンソフトを有効にしてから再度VPN接続してください.

クラウドサービス関係

G Suite for EducationやOffice 365 Eductionは卒業や修了後も使えますか?

G Suite for EducationやOffice 365 Eductionは卒業や修了後は使えなくなります. 例えば,Office 365 Educationでは,オンラインサービスの機能も利用できなくなりますので,必要なデータはバックアップをとってください. 教育機関向けのサービスになっており,卒業や修了と同時に利用資格を失います.